プレス装置設計製作

SSE-VI03
プレス打ち抜き品検査・切断装置

プレス装置
SSE-VI03

• ワークはロールフィーダーにて定寸(=カット⾧)搬送され、ラインカメラによる画像処理にて外観検査したOK/NG判定された後にカッターで切断され、製品トレイに収納されます。
• 検査内容は、表面キズ、打痕、折れ、はがれ等の検出となります。(目視で確認できる程度のサイズ)
• 切断されたワークは、画像処理検査の判断に応じてOK製品トレイまたはNG製品トレイに自動的に収納されます。各トレイのワーク収納数は最大100枚、またトレイは自動でスライド移動し最大200枚(OK品)までの自動連続運転が可能です。各トレイにワークが設定数収納された状態で、サイクル停止となります。(オペレーターがトレイ交換)

材料幅150mm ※仕様変更は要ご相談
カット⾧さ50~150mm ※仕様変更は要ご相談
処理速度最大2枚/sec カット⾧さ150mmにて
装置寸法(W×D×H)1588×819×1766(mm)
操作/表示 インターフェイスタッチパネル、カラー液晶表示 画像処理部表示・操作は別途
供給電源3φ AC200/220V 50/60Hz 4kVA 電圧変動±10%以下 接地線必要
供給空気圧0.5MPa以上 防塵、防湿されていること
環境条件温度:0~30℃/ 湿度:70%以下 凍結・結露無き事

詳細資料ダウンロードはこちらから

(データベースサイト「EMIDAS」を通じてダウンロードが可能です。
ダウンロードにはEMIDASの会員登録が必要です。)