プレス装置設計製作

SSE-3ST1005
自動補強板貼り合わせ装置

プレス装置
SSE-3ST1005

補強板貼り合わせ装置「SSE-3ST1005」は、ロール状に供給されるフレキシブル基板用補強板をシート材の所定の位置に張り付ける装置です。製品は、補強板の貼付け後に定尺で切断されます。3ヘッド方式での動作によるタクトタイム/生産性の大幅な向上と、画像処理を用いた位置補正による高精度な貼付けを実現します。

・ 粘着フィルムに貼り付けされたロール状のワーク(補強板)は、ピックアップステージで剥離・反転され、ピックアップヘッドで1個ずつ吸着、画像処理で得られた位置情報を補正値として、同じくロール状に供給されるシート材の任意の位置に貼り付けられます。所定の枚数が張られたシートは定尺で切断されます。
・ 装置にはシート材の固定。搬送(X)軸と、補強板搬送用の3基のピックアップヘッドが搭載されています。3基のヘッドはそれぞれ前後方向位置決め(Y)軸と回転(θ)軸、および4基の上下動吸着(Z)軸を有し、1ヘッド当たり一度に4個の補強板を真空吸着・移載・位置決めします。
・ 3基のピックアップヘッドはそれぞれ独立にピックアップ・画像処理・貼り合わせ動作を置こう事で動作の待ち時間を削減、タクトタイムの工場に寄与します。
・ 画像処理装置は補強板1個毎のピックアップヘッド上での重心位置と回転角度を計測し、そのデータを元に貼り合わせの際のX/Y/θ方向の補正を行います。

シートフィルム幅140mm ※仕様変更は要ご相談
補強板フィルム幅65mm ※仕様変更は要ご相談
装置寸法(W×D×H)2699×1493×1502(mm)
操作/表示 インターフェイス10inタッチパネル、カラー液晶表示×1基
3.8inタッチパネル、モノクロ液晶表示×1基
供給電源3φ AC200/220V 50/60Hz 15kVA 電圧変動±10%以下 接地線必要
供給空気圧0.5MPa以上 防塵、防湿されていること
環境条件温度:0~30℃/湿度:70%以下 凍結・結露無き事

詳細資料ダウンロードはこちらから

(データベースサイト「EMIDAS」を通じてダウンロードが可能です。
ダウンロードにはEMIDASの会員登録が必要です。)