プレス装置設計製作

SSD1000-ASF・1500-ASF
リニア送り装置搭載自動プレス機

プレス装置
SSD1000-ASF・1500-ASF

• 主要素がダイセット形式プレス/リニアモーターによる送り装置/ハーフカッター/クリーンローラーで構成されたロールtoロールによるワークを高精度で打抜く自動機です。
• 主にFPC関連のカバーレイ材や補強板、AV音響部の保護化粧用材の加工、その他高速で高精度の加工を必要とする用途に使用されます。
• 本装置は金型の事を知り尽くした弊社が、金型の特徴及び性能を最大限に生かす事を目的に開発した画期的な装置です。

SSD1000-ASF(10ton)SSD1000-ASF(10ton)
機械寸法高1650mm×3600mm×1200mm(シグナルタワー含まず)
機械重量3500kg
材料サイズ幅 :Min 118 、Max 260 最外径:300mm
最大ストローク数60 SPM 条件: フィード量 120mm プレスストローク6mm
制御電源操作回路:DC24V・パワー回路:AC200/220V
安全装置光線安全器 下降時:パワーOFF・ブレーキ作動 停止時:サーボOFF・ブレーキ作動
供給電源3φ 200V・50/60Hz 電圧変動±10%以下
10KVa20KVa
供給空気圧0.5MPa以上 防塵、防湿されていること
環境条件温度:0~30℃/70%以下 凍結・結露無き事

詳細資料ダウンロードはこちらから

(データベースサイト「EMIDAS」を通じてダウンロードが可能です。
ダウンロードにはEMIDASの会員登録が必要です。)