プレス装置設計製作

SSD1500-XY
補強板打抜きプレス機

プレス装置
SSD1500-XY

本装置はシート状の製品及び補強板関連の製造に適し、特にフレキシブルプリント基板で使用される短冊状の補強板/補強フィルム材製品を、XY2軸のワークフィーダーで移動されながら打抜く加工機能を付加したプレス機です。

プレス部
ACサーボモーター11kw(15ton)を搭載し、より多種多様な製品を抜くことが出来るようになりました。プレスは高剛性4柱アンダードライブ方式で、安定性の高い機構となっています。また、プレスの基本機能に、さらに下記の特殊機能が付加されています。

待ち時間(タイミング設定)
① 中間点待ち:スライドを中間点で停止させ、切込治具の準備をします。
② 切込底待ち:抜きの外形及び抜かれたワークを型内で安定に保持します。
③押戻し待ち:プッシュバック方式による抜きの際にワークの戻りを安定させます。

切込動作の選択
① 低速切込:高速で下死点→低速で切込底→高速で上死点
② 2度切込:高速で下死点→高速/低速で切込底→高速で下死点→高速/低速で切込底→高速で上死点

フィーダー部
フィーダー部はステッピングモーターとボールネジで構成された軽量なX/Y軸の搬送テーブルで、座標の設定/登録により製品を効率よく加工することが可能です。下記データを扱います。

●作業原点(HOME):任意の位置に設定可能です。これにより設定プログラムのシフトが容易に行えます。
●位置データ:作業原点基準で絶対値又は相対(増分)値での設定が可能です。(有効ストローク X軸:200mm/Y軸:300mm)

項目仕様備考
基本仕様
機械寸法幅1240mm×奥行1280mm×高1450mm
機械重量2000㎏
制御電源操作回路:D24V・パワー回路:AC200/220V
安全装置光線安全器プレス下降時:パワーOFFブレーキ作動
プレス停止時:サーボOFFブレーキ作動
供給電源3φ 200V・50/60Hz・16kVA電圧変動±10℃以下
供給空気圧0.5MPa以上防塵・防湿されていること
環境条件温度:0~30℃/湿度:70%以下凍結・結露無きこと
プレス部
最大打抜能力150kN(150ton)最大負荷継続時間5秒以下
適用金型サイズ280mm×300mm(中材250mm×300mm)有効抜き範囲200×240mm
最大ストローク長90mm:標準型装着時170mm:フィクスチャ間
駆動方式ACサーボモーターによるボールネジ駆動
制御方式セミクローズドによりデジタル位置決め制御分解能力:0.001mm/パルス
速度1~10m/min(等速時) 定格10m/min調整 高速:定格に対し10~100%のオーバーライド
   低速:1~10cm/min
位置設定設定単位:0.01mm/0.1mm(随時切替)
設定値:上死点、中間点、下死点、切込量
設定方法:パルスハンドルによる
任意の場所に設定可能
ACサーボモーター11kW 2000rpm
ブレーキ駆動軸拘束とモーター内臓ブレーキ併用モーター作動時はダイナミックブレーキも併用
フィーダー部(X軸/Y軸)
有効ストロークX軸:200mm/Y軸:300mm
駆動方式ステッピングモーターによるボールネジ駆動
制御方式オープンループによるデジタル位置決め
速度18m/min調整 定格に対し10~100%のオーバーライド
位置設定設定単位:0.01mm
形式:アプソリュート/インクリメンタル切替
設定方法:テンキーによる
最大位置設定数60
最大プログラム設定数16

詳細資料ダウンロードはこちらから

(データベースサイト「EMIDAS」を通じてダウンロードが可能です。
ダウンロードにはEMIDASの会員登録が必要です。)